完全に空き家解体は

ダノンプレミアムの強さが際立った朝日杯フューチュリティステークスであった。追いすがるタワーオブロンドンやステルヴィオを寄せ付けずに突き放す姿は父であるディープインパクトを思い出させもした。オブセッションやワグネリアンなど来年もディープインパクトかなと思いながらも、今年からはホープフルステークスがG1となったために最優秀二歳牡馬の行方が気にもなる。ただ、今日の強さを見せたダノンプレミアムが最有力なのではないかと感じる。競馬は負けたけど、強い馬が強いレースを見せるのが競馬の面白さである。ダブルシャープは残念も楽しいレースにありがとうと競馬ファンで良かったと思います。

写真はプレミアムモルツを飲む竹内結子。このCMを見るたびにプレミアムモルツを飲みたくなる。完全に空き家解体はメーカー側の策略にはまっているが仕方のない男の性かなと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ