空き家解体とうぉーきんぐ

今朝は少し涼しかったので、駅まで歩いて通勤することにしました。街のなかを歩いて、約30分のウォーキングです。このところ続いた暑い日には、さすがに歩くのはシンドイので、クルマにしたり、バスに乗ったりしていました。

朝のウォーキングで、街を歩いていると、いろいろな風景が目に入ってきます。とくに街がこの20年の間に大きく変貌してきているのが感じられます

多くの商店が、もうながらく空き家になっています。かつて賑やかな商店街だったところは、シャッター通りとなっていて、この20年ほどで大きく人の流れも変わりました。

結婚式場がなくなって、葬祭場になった、というのは、まるでブラックジョークのようですが、実際にそうなっています。かつてコンビニだった建家は、いつの間にか家族葬専門の小さな式場になりました

マンションが建設中でした。そこにかつてなんの店があったのか、よく思い出せません。無くなるとすぐに記憶からも消去されてしまうのでしょう。かつてどこの町にもあった小さな電気屋、家具屋、玩具屋、呉服屋、喫茶店などがなくなりました。ちょっと素敵な喫茶店はなくなって、全国チェーンのコーヒー店になりました。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ